預貯金を遺産相続した時は金融機関への届け出が必要

ご家族ご親戚が亡くなられて、遺産相続人となった場合に、各種の手続きが必要になります。遺産の内容は、現金、預貯金、動産、不動産に大別されますが、今回はこのうち、預貯金の相続について見て行きましょう。遺産相続が発生すると、まず故人がどれだけ預貯金を持っていたのかを把握する必要があります。故人の口座を予め全て教えてもらっていればいいのですが、ほとんどの方はそうではありません。まずは、家の中にあるはずの通帳を探すことから始めます。通帳が見つかれば、恐らくその銀行には口座があるはずだと見当がつきます。残念ながら、通帳がない口座については、金融機関から届くハガキなどを手掛かりにするしかありません。特にネット銀行など、通帳やカードがない銀行もありますので、これらは金融機関からの連絡物が頼りです。預貯金の遺産相続の次のステップは、口座があるはずの金融機関に全店照会を行うことです。残高証明ともいいます。一部では、司法書士や弁護士を通して行うものだと思っている方もいらっしゃいますが、遺産相続人であれば、金融機関に直接依頼することが可能です。ただし、それぞれの銀行ごとに依頼をしなければいけないので、手間もかかりますし、有料ですから、手がかりのあったところに絞って行うしかありません。また、金融機関は、口座名義人の死亡が確認された時点で、その口座からの出金制限をしてしまいますので、生計を維持していた口座であれば、事前に現金を引き出しておくことが重要です。この後、故人の口座の払い戻し手続きに入るのですが、遺産相続の形態によって、提出を求められる書類が違ってきますので、注意が必要です。具体的な内容は、それぞれの窓口で詳しく教えてくれますが、最低でも故人の除籍謄本、戸籍謄本、それに遺産相続人の戸籍謄本に印鑑証明が必要になります。さらに、遺産分割協議があった場合には、遺産分割協議書が必要ですし、遺言があった場合には、遺言書と検認調書が追加されます。これらを一式として提出します。書類の確認が終わりますと、ようやく故人の口座からお金が払い戻されます。なお、最近は、投資信託や保険商品を販売している金融機関もありますが、これらの商品は、預貯金とはまた違った手続きが必要です。たとえ口座がある銀行で購入した投資信託であっても、別の手続き書類が必要になってきますし、最初の方で触れた残高証明にも記載されてきませんので、注意が必要です。

遺産相続に関することをもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ
東京のデザイナーズマンションの相場とは?

Prev Next