遺産相続で不動産を相続した場合の税金

遺産相続とは、親類遺産相続とは、親類縁者が亡くなった時に起こる事象ですので、ある日突然起こってしまう事も少なくはありません。その為、しっかりと準備をしていたとしてもなかなか平常心で手続きをすることが難しい場合もあります。そんな遺産相続に関して、必要のないトラブルに巻き込まれない為にも必要最低限の知識は持っておいた方がいそのような場面に出くわした時に焦らずに済むのではないでしょうか。遺産相続をする場合、相続するものが不動産であった時に気にしなければならないものの一つとして税金があります。不動産に関しては評価額によって相続税がかかりますが、相続する不動産が更地の土地なのか、アパートやマンションなど建物なのかで税金の負担額が大きく違います。建物ごと相続する場合、その評価を決める時に値段として計算しなければならないのは、建物の価値と土地の価値です。このうち建物の価値というのは、築年数や建物自体の状態などによって大きく変動し、時には全く価値のないという評価が下される事も少なくありません。また土地に関しても、建物が建っている事によって予想される解体費用などとの兼ね合いがあり、更地の状態の土地の評価から大きく下がります。その為、更地で土地を相続した場合の評価額を100とすると建物ごと相続した場合の評価額が70以下になることが多いです。その為、評価額から計算される相続税は更地の土地の方が高くなります。このため税金対策として、建物の状態で相続をして、相続税を支払った後、不動産会社に買取を依頼するケースが増えています。日本では特に東夷や大阪と言った大都市圏での地価が上昇傾向にあり、数年後には世界的なスポーツイベントが控えていますので、売主としてはかなり絶好の売り時と言っても過言ではありません。そこで買取を依頼する不動産会社ですが、良い業者の条件として、店員の丁寧さは必要不可欠です。不動産のような決して安い取引ではない場合は、担当する店員の誠実さが大切になります。誠実さは目に見えるものではありませんので仕事の丁寧さで判断するしかありません。例えば打ち合わせの段階でこちらから質問する前に知りたいことを事前に調べて報告してくれるか、仲介契約の場合、買主を探す為にどのような営業活動を行っていてその結果どのような状況なのか少なくとも週に1回くらいは報告が欲しいものです。売主としては業者に依頼するしか売買方法はありませんので、しっかりと最適な業者を選ばなければなりません。

縁者が亡くなった時に起こる事象ですので、ある日突然起こってしまう事も少なくはありません。その為、しっかりと準備をしていたとしてもなかなか平常心で手続きをすることが難しい場合もあります。そんな遺産相続に関して、必要のないトラブルに巻き込まれない為にも必要最低限の知識は持っておいた方がいそのような場面に出くわした時に焦らずに済むのではないでしょうか。遺産相続をする場合、相続するものが不動産であった時に気にしなければならないものの一つとして税金があります。不動産に関しては評価額によって相続税がかかりますが、相続する不動産が更地の土地なのか、アパートやマンションなど建物なのかで税金の負担額が大きく違います。建物ごと相続する場合、その評価を決める時に値段として計算しなければならないのは、建物の価値と土地の価値です。このうち建物の価値というのは、築年数や建物自体の状態などによって大きく変動し、時には全く価値のないという評価が下される事も少なくありません。また土地に関しても、建物が建っている事によって予想される解体費用などとの兼ね合いがあり、更地の状態の土地の評価から大きく下がります。その為、更地で土地を相続した場合の評価額を100とすると建物ごと相続した場合の評価額が70以下になることが多いです。その為、評価額から計算される相続税は更地の土地の方が高くなります。このため税金対策として、建物の状態で相続をして、相続税を支払った後、不動産会社に買取を依頼するケースが増えています。日本では特に東夷や大阪と言った大都市圏での地価が上昇傾向にあり、数年後には世界的なスポーツイベントが控えていますので、売主としてはかなり絶好の売り時と言っても過言ではありません。そこで買取を依頼する不動産会社ですが、良い業者の条件として、店員の丁寧さは必要不可欠です。不動産のような決して安い取引ではない場合は、担当する店員の誠実さが大切になります。誠実さは目に見えるものではありませんので仕事の丁寧さで判断するしかありません。例えば打ち合わせの段階でこちらから質問する前に知りたいことを事前に調べて報告してくれるか、仲介契約の場合、買主を探す為にどのような営業活動を行っていてその結果どのような状況なのか少なくとも週に1回くらいは報告が欲しいものです。売主としては業者に依頼するしか売買方法はありませんので、しっかりと最適な業者を選ばなければなりません。

Prev Next