遺産相続で取得した不動産を高額で売却する方法

遺産相続で取得した不動産は、できるだけ早いうちに売却をしてしまいましょう。保有しているだけでも、固定資産税、都市計画税がかかりつづけます。建物の場合ですと、メンテナンス代などの維持費がかかります。また、経年劣化は避けられないので、年月が経過するほど価値が落ちていきます。

遺産相続で取得をした不動産を売却する時、短期譲渡所得となってしまうことを心配する人がいます。短期譲渡所得となってしまうと、所得税30%、住民税9%という高額な税金がかかります。しかし、基本的にはその心配はありません。なぜなら、前の所有者の保有期間も引き継ぐことができるからです。遺産相続をしてすぐに売却をしたとしても、前の所有者が5年以上保有していたなら、長期譲渡所得となり、所得税15%、住民税5%の税率になります。

遺産相続によって不動産を取得した場合には、相続時の評価額ではなく、前の所有者の取得費を引き継ぐことなります。しかし、名義変更のための登記費用などは経費として加えることができます。かなり古い不動産の場合などで、取得費がわからないときには、売却価格の5%を取得費とすることができます。

不動産を売却する時には、インターネットの一括査定などを利用して、できるだけたくさんの業者に査定をしてもらいましょう。業者によって得意・不得意があるので、査定額に百万円以上の差ができることもあります。

媒介契約には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類がありますが、専属媒介契約がおすすめされることが多いようです。一般媒介契約が一番メリットがあるように思えますが、複数の業者に依頼をしてしまうと、業者側にリスクがありますので、販売活動のためのコストを節約されてしまう可能性が高くなります。専属専任媒介契約でも良いですが、個人で購入希望者を見つけられる可能性がある場合には、専任媒介契約を選んでおきましょう。

賃貸に関することをもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ
都内、首都圏の賃貸情報はこちら

媒介契約は基本的には3ヶ月ごとの契約更新となっているので、3ヶ月ごとに不動産会社を見直してみましょう。相場通りの価格で売りに出していても、本気で宣伝をしてくれていなかったり、実力がなかったりすると、なかなか売れないこともあります。

築年数が経過するほど建物の価値は下がっていきますので、できるだけ早く売ってしまうことが大切です。価格交渉をされることも多いですが、よく考えた上で、価格を下げてでも早期に売却するメリットがありそうならば交渉に応じてみましょう。

Prev Next