不動産などの建物を遺産相続する場合は

不動産などを遺産相続する場合には、その建物の評価がされることになります。それによって相続税などの金額も決まるので、ある程度税金のことを予測することができます。道路に面した場所にあるなら、路線価が適用されることが多くなります。これは街の道路につけられた価格のことで、土地の価値を出すために利用されることで知られています。
この路線価が出せない場合には、固定資産税から土地の価値が算出されることになります。
また建物の価値は、固定資産税から導き出されることになります。
もちろん同じ道路に面しているなら同じ額になる訳ではなく、さまざまな補正が入りますので遺産相続の時にはしっかりとその建物の価値が導き出されます。固定資産税を支払っている額が高ければ、相続税も高くなると思っておきましょう。算出はそれほど難しいものではありませんが、一般的な相場が影響してきますので持っている家の価値を知っておくことも大切です。それによって相続の時にも税金について考えることができます。
遺産相続をする時には、相続税を支払うことになります。価値のある不動産を相続するケースでは、多くの相続税がかかってくることもあります。そのような場合には建物を売却して相続税を支払うようなケースも多くなっています。
ですが小さなワンルームなど一般的な建物であれば、相続税の対象にならないこともあります。相続税には基礎控除があり、その控除内におさまれば税金がかかってこないからです。

賃貸に関することをもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ
デザイナーズ賃貸情報ならルームピア

もちろん不動産などの建物は、1000万円を超えてくることも多くなります。そうなってくると税金の対象にもなりますので、相続をする可能性があるなら税金のことも考えておく必要があります。
遺産相続は一人であれば売却や分割が簡単になりますが、複数の人間で分けることになる場合には家を売却してお金を分割するか一人が家をもらって他の人にお金を支払うような形になることがあります。
できるだけスムーズに遺産相続をするためにも、誰が何を相続するのかは遺言などできっちりと決めておく方がトラブルになりにくいのです。特に不動産は家を切って分ける訳には行きませんので、相続は難しくなるのです。
複数の相続人がいる場合には、誰か一人が家を相続するなど決めておくことでトラブルなく遺産相続が可能になります。預貯金などがある場合には、他の人が預貯金を相続して、別の人が家を相続するなど分けることもできます。

Prev Next