相続した不動産を現金化する必要が出てくることも

身近な人が亡くなって、相続をすることになった場合、様々な問題が起こります。特に相続人が複数いる場合は、その相続分や分け方を巡っての争いが起こりがちになります。すんなり分けられるものであればよいのですが、分けにくい物の場合、それをどのように分けるのかということが課題となってくるのです。
特に分けにくい物の筆頭として、不動産が挙げられます。土地や建物といったものは半分に分けるというわけにはいきません。分けないままでいるとすると共有することになりますが、共有したままではその権利をどう使っていくのかという事でトラブルになります。共有者との関係が悪かったり、疎遠になっているとトラブルが深刻になりがちです。税金や修繕などの費用負担をどうするか、使用する場合の対価はどうするか、貸した際に利益はどう分けるかなど、考えなければならないことがたくさん出てきます。そのままにしておき、さらに相続が起こってしまうということになると、さらに関係者が増えて収拾がつかないことになりがちです。

遺産相続に関することをもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ
デザイナーズ仲介業者を選ぶ基本中の基本!「宅地建物取引業の登録番号」を確認する方法とは!

そのほかにも、不動産の価値が高く、相続税などが高額になってしまうという事もあります。現金で貯金があるという場合は底から支払う事もできるでしょうが、そうでない場合は税金の支払いに困ってしまうことになるのです。
こういったトラブルや困った状態になる前に、不動産を現金化する必要が出てくることがあるのです。現金であれば決まった割合で分けやすいですし、支払いなどにも充てることができます。もちろん親などから引き継いだものはそのまま大切に時代へつないでいきたいという事もあるでしょう。しかし、すでに一緒に住んでおらず、誰もつぐことがない場所であったり、税金面の問題などでどうしても分けざるを得ないといった場合には、不動産を売却したうえで現金化し、それを分けていく形にしたほうが後々トラブルもなく進めていくことができるのです。
税金の滞納によって差し押さえなどが起こり競売にかかると、安い値段で売らざるを得なくなることがあります。現金化するならできるだけ有利に進められるように前もって考えておくことが必要です。相続の処理は早めに済ませておきたいものですから、急いで処分するためには不動産業者にも相談をしておきたいものです。どれぐらいで売れるのか、おおよその相場をつかんでおくようにすると、今後起こりうる遺産分割の話し合いなども進めやすくなるでしょう。

Prev Next