相続した不動産を現金化する必要が出てくることも

身近な人が亡くなって、相続をすることになった場合、様々な問題が起こります。特に相続人が複数いる場合は、その相続分や分け方を巡っての争いが起こりがちになります。すんなり分けられるものであればよいのですが、分けにくい物の場合、それをどのように分けるのかということが課題となってくるのです。 特に分けにくい物の筆頭として、不動産が挙げられます。土地や建物といったもの …read more

相続した不動産の譲渡税に対する特例措置とは

相続した不動産を売却して利益が出た場合は、所得税と住民税を譲渡税として納める必要があります。ですが、土地や建物を3年10ヶ月以内に売却すると譲渡税が軽減される特例措置を受けることが可能です。相続で取得した土地や建物を譲渡した際に譲渡資産の取得費に一定の金額を加算できるということになっています。これは、譲渡税をさらに納税することになると、2重課税になり税負担が …read more

遺産相続で取得した不動産を高額で売却する方法

遺産相続で取得した不動産は、できるだけ早いうちに売却をしてしまいましょう。保有しているだけでも、固定資産税、都市計画税がかかりつづけます。建物の場合ですと、メンテナンス代などの維持費がかかります。また、経年劣化は避けられないので、年月が経過するほど価値が落ちていきます。 遺産相続で取得をした不動産を売却する時、短期譲渡所得となってしまうことを心配する人がいま …read more