遺産相続で不動産を相続した場合の税金

遺産相続とは、親類遺産相続とは、親類縁者が亡くなった時に起こる事象ですので、ある日突然起こってしまう事も少なくはありません。その為、しっかりと準備をしていたとしてもなかなか平常心で手続きをすることが難しい場合もあります。そんな遺産相続に関して、必要のないトラブルに巻き込まれない為にも必要最低限の知識は持っておいた方がいそのような場面に出くわした時に焦らずに済 …read more

遺産相続した不動産を放置する損失

 不動産を遺産相続したものの、使い道がなく、放置している例が見られます。たとえ使用していなくても、固定資産税はかかり続けます。遺産相続する場合は、一部だけ相続することはできないため、その不動産の使い道がなくても、他の遺産を相続するために、やむなく不動産も相続したというケースもあることでしょう。  遺産相続した不動産は、使い道がないことがはっきりしている場合は …read more

不動産の遺産相続は相続登記が必要

人が死亡すると、亡くなった人(被相続人)が所有してきた財産は遺産となり、相続人がこれを取得していくことになります。遺産相続の手続きには被相続人の名義を、取得する相続人の名義に変更することによって成立します。例えば株券については株主の名義の変更を。自動車などは所有者の名義変更手続きを行います。不動産も同様の手続きが必要です。この場合には管轄の法務局にて相続登記 …read more

不動産を遺産相続した場合の果実は誰のものか

相続は人が亡くなった場合に開始します。亡くなったかどうか不明で連絡の取りようがないとき、家庭裁判所に請求して失踪宣告がなされた場合も同様です。相続が開始すると被相続人に属した権利も義務もすべて相続人に承継されます。しかし、被相続人だからこそ持っていた権利、つまり一身専属権は承継されません。例えば、甥が就職するときに引き受けた身元保証人の地位、農作物の収穫を手 …read more

不動産などの建物を遺産相続する場合は

不動産などを遺産相続する場合には、その建物の評価がされることになります。それによって相続税などの金額も決まるので、ある程度税金のことを予測することができます。道路に面した場所にあるなら、路線価が適用されることが多くなります。これは街の道路につけられた価格のことで、土地の価値を出すために利用されることで知られています。 この路線価が出せない場合には、固定資産税 …read more

遺産相続で土地や不動産を評価するときに起こること

相続財産に土地や不動産が含まれているとき、遺産を公平にわけるために価値を正しくとらえることが大事です。土地などは高額なのであり、それぞれ違っているので、遺産相続には争いが起こることもあります。どう価格を決定するかは、遺産を分けるときに重要になり、気をつけて評価しなくてはなりません。 不動産の価格は時価が使われており、評価は遺産分割時のものにします。特別受益や …read more

預貯金を遺産相続した時は金融機関への届け出が必要

ご家族ご親戚が亡くなられて、遺産相続人となった場合に、各種の手続きが必要になります。遺産の内容は、現金、預貯金、動産、不動産に大別されますが、今回はこのうち、預貯金の相続について見て行きましょう。遺産相続が発生すると、まず故人がどれだけ預貯金を持っていたのかを把握する必要があります。故人の口座を予め全て教えてもらっていればいいのですが、ほとんどの方はそうでは …read more

遺言による遺産相続は遺留分に注意を

相続が発生すると、被相続人(亡くなった人)が所有してきた財産は、その相続人によって引き継がれていきます。いわゆる遺産相続が発生するのですが、遺産相続で一番問題となるものが『相続分の割合』です。多くの場合には民法に規定されている法定相続分の割合による分配、あるいは遺産分割協議と呼ばれる相続人同士の話合いが行われて分配割合が決定されますが、被相続人が遺言を作成し …read more

遺産相続における遺産分割の種類と相続の放棄

数ある遺産相続の手続きの中でも、遺産分割協議は大きな難所と言えます。これは被相続人の財産を、相続人や受遺者がどのように分割して取得するかを決める協議であり、遺産相続で争いが生じる一番の原因となる手続きです。その理由は、遺産分割協議は全ての相続人や受遺者の合意がなければ成立しない事、そして4種類の遺産分割の方法に一長一短がある事などが挙げられます。遺産分割のう …read more

限定承認は、遺産相続における3種類の方式のひとつ

遺産相続は被相続人の権利義務の一切を包括的に承継します。したがって、プラスの遺産でもマイナスの遺産でも引き受ける責任が生じます。相続人が妻と子と仮定したとき、夫が作ったローンなどの借金を債務者でない妻子が支払うのは理不尽ですが、法律上は仕方ありません。しかし相続する方式には種類があり一定の条件の下で選択できます。その一つが相続放棄です。相続放棄をすると初めか …read more