相続した不動産を直接買取で売却

親が亡くなくなるなどで、住んでいた家を相続したという経験をお持ちの人もいるのではないでしょうか。一緒に住んでいた場合にはそのままその家に住むこともできますが、遠方などで暮らしていて、実家は空き家になってしまうという場合には、家を売却するなどして処分する必要が出てきます。 相続した不動産を売却する場合には、仲介会社に売却依頼をして買い手を探してもらうのが一般的 …read more

相続した不動産を現金化する必要が出てくることも

身近な人が亡くなって、相続をすることになった場合、様々な問題が起こります。特に相続人が複数いる場合は、その相続分や分け方を巡っての争いが起こりがちになります。すんなり分けられるものであればよいのですが、分けにくい物の場合、それをどのように分けるのかということが課題となってくるのです。 特に分けにくい物の筆頭として、不動産が挙げられます。土地や建物といったもの …read more

相続した不動産の譲渡税に対する特例措置とは

相続した不動産を売却して利益が出た場合は、所得税と住民税を譲渡税として納める必要があります。ですが、土地や建物を3年10ヶ月以内に売却すると譲渡税が軽減される特例措置を受けることが可能です。相続で取得した土地や建物を譲渡した際に譲渡資産の取得費に一定の金額を加算できるということになっています。これは、譲渡税をさらに納税することになると、2重課税になり税負担が …read more

遺産相続で取得した不動産を高額で売却する方法

遺産相続で取得した不動産は、できるだけ早いうちに売却をしてしまいましょう。保有しているだけでも、固定資産税、都市計画税がかかりつづけます。建物の場合ですと、メンテナンス代などの維持費がかかります。また、経年劣化は避けられないので、年月が経過するほど価値が落ちていきます。 遺産相続で取得をした不動産を売却する時、短期譲渡所得となってしまうことを心配する人がいま …read more

遺産相続で不動産を相続した場合の税金

遺産相続とは、親類遺産相続とは、親類縁者が亡くなった時に起こる事象ですので、ある日突然起こってしまう事も少なくはありません。その為、しっかりと準備をしていたとしてもなかなか平常心で手続きをすることが難しい場合もあります。そんな遺産相続に関して、必要のないトラブルに巻き込まれない為にも必要最低限の知識は持っておいた方がいそのような場面に出くわした時に焦らずに済 …read more

遺産相続した不動産を放置する損失

 不動産を遺産相続したものの、使い道がなく、放置している例が見られます。たとえ使用していなくても、固定資産税はかかり続けます。遺産相続する場合は、一部だけ相続することはできないため、その不動産の使い道がなくても、他の遺産を相続するために、やむなく不動産も相続したというケースもあることでしょう。  遺産相続した不動産は、使い道がないことがはっきりしている場合は …read more

不動産の遺産相続は相続登記が必要

人が死亡すると、亡くなった人(被相続人)が所有してきた財産は遺産となり、相続人がこれを取得していくことになります。遺産相続の手続きには被相続人の名義を、取得する相続人の名義に変更することによって成立します。例えば株券については株主の名義の変更を。自動車などは所有者の名義変更手続きを行います。不動産も同様の手続きが必要です。この場合には管轄の法務局にて相続登記 …read more

不動産を遺産相続した場合の果実は誰のものか

相続は人が亡くなった場合に開始します。亡くなったかどうか不明で連絡の取りようがないとき、家庭裁判所に請求して失踪宣告がなされた場合も同様です。相続が開始すると被相続人に属した権利も義務もすべて相続人に承継されます。しかし、被相続人だからこそ持っていた権利、つまり一身専属権は承継されません。例えば、甥が就職するときに引き受けた身元保証人の地位、農作物の収穫を手 …read more

不動産などの建物を遺産相続する場合は

不動産などを遺産相続する場合には、その建物の評価がされることになります。それによって相続税などの金額も決まるので、ある程度税金のことを予測することができます。道路に面した場所にあるなら、路線価が適用されることが多くなります。これは街の道路につけられた価格のことで、土地の価値を出すために利用されることで知られています。 この路線価が出せない場合には、固定資産税 …read more

遺産相続で土地や不動産を評価するときに起こること

相続財産に土地や不動産が含まれているとき、遺産を公平にわけるために価値を正しくとらえることが大事です。土地などは高額なのであり、それぞれ違っているので、遺産相続には争いが起こることもあります。どう価格を決定するかは、遺産を分けるときに重要になり、気をつけて評価しなくてはなりません。 不動産の価格は時価が使われており、評価は遺産分割時のものにします。特別受益や …read more